パートナーシップ・マネジメント

我々に必要な新たな働き方「パートナーシップ」。この、組織としてのパフォーマンスのみならず、人間の「幸福感」にも密接に関わる働き方で成功する術を、著者が自らの体験を交え説く。板倉雄一郎との特別対談も収録。

続きを読む

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか

現代は、江戸から明治に匹敵する「時代の大きな変わり目」だ。ウェブという「学習の高速道路」によって、どんな職業の可能性がひらかれたのか。食べていけるだけのお金を稼ぎつつ、「好き」を貫いて知的に生きることは可能なのか。この混沌として面白い時代に、少しでも「見晴らしのいい場所」に立ち、より多くの自由を手にするために――。オプティミズムに貫かれ、リアリズムに裏打ちされた、待望の仕事論・人生論。『ウェブ進化論』完結篇。

示唆にとんだ本。これからの半生を考えさせられる20歳以上年上の方が書いた本
・無限の情報と有限の個をつなぐ世界の結び目を自動生成するグーグルのような会社がインターネットの中心に位置して大きな価値を生み出すようになった。
・オプティミズムの姿勢で物事に退治しなければ創造は生まれない
・表現の機会すら持たなかった無数の人々の知が集積されの相対が専門家の知を凌駕する。「群集の叡智」(wisdom of crowds)
・研究者や大学教授は、blogを書き、自分の論文や著作の背景にある発想や思考過程をネット上で公開し、リアルな授業を録画・録音して不特定多数に向けて発信しない
・未来は能動的に変えることができるものだが、そのエネルギーはオプティミズムが支える。それは群集の叡智についてビジョンを示しつつ実名で部ログを書きFBを受ける
・専門性や実務能力(人生をsurviveする)を身に着けていく学習プロセスとその意味をめぐって大きな変化がおきている=高速道路理論
・誰でも「その道のプロ」一歩手前までは信じられないスピードでなれる、問題はその先が大渋滞になっていること。
・混沌として面白い時代を生きていく上でのチャンスは、1大変化を恐れるのではなく楽しむ2ネットを「個」の可能性を押し広げ「個」を開放する環境として捕らえる3個としての精神的自立が大事4未来派創造するもの。ネットとリアルの境界領域には新しい職業が生まれる可能性に満ちている。
・パブリックでオープンでフリーなインターネットの発展は、非営利な活動によって推し進められてきた面が大きい。
・検索エンジンがもうひとつの地球における世界の結び目の役割を果たす存在となったことが最も重要なポイント。だからこそ全世界で5億人以上の人々が利用する
・検索エンジンをはじめ各種サービスをオープンにフリーに提供さえすれば人数がいるだけに恐ろしく儲かるという仕組みを作り上げた。パブリックでオープンでフリーなインターネットの特質を維持しつつ富を生み出すエンジンを持った。
・ネットの本質は2つ、パブリックな場所とパスワードなどで守られたプライベートな場所、グーグルの主戦場は前者。後者をMyspaceなどが戦っている。
・こちら側とあちら側、コンピューターサイエンスを使い、あちら側にすべてのアプリケーション、生命維持ができる状況を作り出す。
・もうひとつの地球=広告収入×チープ革命×群集の叡智×組織の情報発信
・世界全体の広告市場規模約50兆円(日本は6兆円)加えて検索連動広告など単価の安いものが需要を掘り起こしている。世界全体の潜在市場規模はざっと60-80兆円2015年は世界のネット広告市場規模はざっと10兆円
・グーグルはコミュニティを主宰することを嫌う。パブリック全体に投網をかけるように情報収集し、その成果を検索エンジンの利便性という形で提供する。
・クレイグリスト:事業場の利益を追求しすぎると、コミュニティの信頼を失う
・経済活動の外側で活動する能力がパワーアップされる。能動的で創造的な行為における「好き」を貫く自由が広がる
・一人の人間が持つ多様な能力・関心・知識をいろいろな場面で開花させる可能性がネットによって開かれた。気持ちだけ参加もあり。
・ただの高速道路ができたのに、何でみんな歩いているんだよ!
・インターネットを通じて、働き方や生き方を変えることができるということを本当に信じている人が日本にはどれだけいるのか
・大組織で成功できる要素(p93)簡単に言うと、誰かから与えられた所与の条件が多い中で、楽しみ、がんばり、組織を優先できるか。我慢できるか。
・高く険しい道を行くには、病的な心配性、アントレプレナーシップ、バンテージポイントが必要
・病的な心配性:only the paranoid surviveそれくらいの緊張感でやったものだけが勝てる(元インテルCEOアンディグローブ)
・アントレプレナーシップ:自分の頭で考え続け、どんなことがあっても絶対にあきらめない。勝ったものは勝つまでやったもの
・ヴァンテージポイント:見晴らしのいいところ。最先端に身を置く
・けものみち、少なくとも生き抜いていくために:あらゆる場面で徹底的にネットを活用。自分の嗜好性や専門性や人間関係をよりどころに、価値を定義して常に発信していくこと。価値に対価を払ってくれる人がいる状態を維持し続けること。個を輝かせようとし、組織と適切な距離をとること
・高く険しい道は専門志向の自由な生き方、けものみちは総合思考の自由な生き方。まだけものみちの歩き方は日本では言語化されていない
・in the right place at the right place
・ロールモデル思考法:自分が好きなものを発見する形として、直感的に「好き」→何がすきなのか→なぜすきなのかを繰り返し、断片を集める。自分の波長の合う信号を高いで集められるかどうか、が重要。
・ロールモデルを選び続ける、全人格を受けるのではなく、ある人のある部分、時間の使い方、など人生のあらゆる局面に関するたくさんの情報から、ロールモデルを収集する
・ロールモデルの仕込みを丁寧にやり続け、天気になるとその引き出しを開けてロールモデル思考によって大きな判断をくだし、没頭し、また繰り返し
・今を生きるための水を飲むようにロールモデルを探す読書は、たくさんの本の中の膨大な情報をブラウジングして、その時点で自分が渇望している信号を探すために行う
・ジョン・ドーアが若き日にやっていたことは、スタンフォードの研究室に入り浸り、才能を持ったとがった連中と長い時間を過ごし、本人が気づかない可能性を引き出した。
・ロールモデル思考法:自分の志向性をより細かく定義していくプロセス。人の生き方や時間の流れ方に興味を持ち、それを自分の問題として捉える無限の情報の中から波長の合うものを高速でサーチし続け、自分という有限に落とす。さらにそこから出た架設に従い、時間の優先順位を変えて、没頭する。行動によってまた新たなステージに到達
・好きな対象さえはっきりすれば、ネットはそれを増幅する。ロールモデルは消費財
・一番重要な判断を、直感に基づくロールモデル思考法で行い、その後のサバイバルには緻密な戦略を立ててこつこつと執行する
・好きを見つけてそれを育てるための思考法は何かないのだろうか。突き詰めればそれは戦略性と勤勉ということに行き着く。
・好きを見つけるための努力をこつこつと続け、好きなことの組み合わせを見つけたら面倒なことでも永延と続ける勤勉さと持続力が鍵を握る
・信号をキャッチできたら、時間の使い方の優先順位を変えて、勝負する。
・やめることを先に決める。
・長期なりたい自分と短期、なれる自分を意識して現実的であること。好きを貫くことは長期戦。短期的になれる自分を積み重ねることが大事
・知的生産の成果に焦点を当て、表現をし、コミュニケートする。(P147が詳しい)
・けものみちはそれぞれの好き・強みを組み合わせて生きる領域「お前は何をやっているのか」と問われたときに相手に伝わらなくてはいけない。
・志向性の共同体を作るために、文型のためのツールがほしい。(p164)
・みながこの人から学びたい、と思う知人を一人選びその人がBlogを開設するというループがうまく回れば、それだけでも日本語のネット空間は成長する
・Blogでの意見表明が将来の飯の種になる時代が来た
・英語圏のネット空間の知は、次の10年で圧倒的に充実する。このまま10年が経過すると、英語圏の学習の高速道路が圧倒的に充実する。
・共有することが前提、やりたいと思う仕事に自発的に取り組み、オープンな環境で「思いっきり」力を発揮する。グーグルの競争優位の源泉。社員が仕事に没頭できる環境
・ある時点で、大組織内に生きると決めるのであれば覚悟が必要。大組織のプロとしてかつ、炭鉱のカナリアとなる指標は昔からの「ゆったり会社」(P190、195)
・日本社会も大きく変わった、と過半数の人が感じるのは、2015~2020の間。
・時代の変わり目を生きるために一番重要なのは、古い価値観に過剰適応しないこと。
・新しい世界は入ってくる人に優しい、そっちのほうが面白かったから、が重要。
・ウェブ・リテラシー:ネットの世界がどういう仕組みで動いているのかの原理は相当詳しく、徹底的に理解している。ウェブで何かを表現したいと思ったらすぐにそれができるまで才と構築能力を身に着けている。ウェブ上の分身に金を稼がせてみよう。見たいな話を聞けば、そこに自分なりの技術を入れてサイトを作って実験できる。
・ウェブ上にあふれる新しい技術についての解説を読んで独学できるレベルまで、ITやウェブに対するりかいとプログラミング能力を持つ。(P209)
・WEB2.0も志向性の共同体も、サービス提供者やリーダーの周囲に多くの参加者が集まって初めて成立するもの。中核には信頼がないと成り立たない。スケール、技術、利便性などにおいて圧倒的な物を提供できれば信頼を維持したまま巨大事業を目指せる?
・ベンチャー創業者はリスクマネーを調達する、それを得てビジネスをする以上、7年以内にEXITが前提になる。
・あなたの国の疲れたもの、貧しきものを私の元に遣すがいい
・もうひとつの地球は基礎的な力を吸い取り紙になって吸収した先に大きく広がる自由な世界である。その後は没頭する対象を自ら選択し、人々に平等に与えられる唯一の資源たる時間の一瞬一瞬を自分の席に出そこにつぎ込んでいく。それがもうひとつの地球と積極的に付き合う新しい生き方だ。

ミッション―いま、企業を救うカギはこれだ



約30年前に英オックスフォード大学教官として渡欧、現在は欧州系コンサルティング会社に勤める著者による企業再生論。挑戦すべき目標を確立することが企業の経営には最も大切と説く。 (聞き手は富岡 修)
挑戦すべき夢を見失うな(富岡修)

・ミッションとは「所得倍増計画」や「人類を月に送る」のように具体的、かつオリジナルティがあり、大勢の人々が胸をワクワクさせるような挑戦目標になっている。万人が共有できる目標足りえる。
・ミッションは民主的に決めてはいけない。独自コンセプトが必須
・ミッションには二つの成分がある、一つは時代を超えるミッション、もう一つは5-10年の時代とともに変わるミッション、だ。
・ミッションとは非常にクリアで、かつ具体的なゆえに、達成するための行動指針が次々に導き出されてくるようなものでなければならない
・ビジョンは能力の許す範囲でやりうること、目標でありマイルストーン。
・微分的発想(成長率)は本質がでたとこ勝負。一寸先を予想できない
・積分敵発想、微分値、例えば内部留保や累積投資額などを勘案しながら、何のために積分をし、どこに向かっているか、を明確にする。
・ミッションはあたかも山の頂上、山を登るためのロードマップとしてビジョンを設定し、そして具体的な経営戦略に入る。順番は整合しなくとも、ミッション・ビジョンによって、進む方向を調整しながら進んでいけばよい
・ビジネスを成功させるには、ぼんやりとした常識にとらわれず、自分の哲学と信念をもって主観的判断を下し、本気で事に当たる強さが必須条件である
・一旦決断し実行した後は2度ともとの状態に戻れないことを覚悟の上で、本気で決断する勇気が経営トップにあるのか。
・ステークスホルダー・マッピングを行い、それぞれの期待値を分析し、ステークスホルダー間の軋轢を最小限に、要望を最大限にする方法を探査し、そこへ時間軸を組み込んで自社が目指すべき方向についてシナリオを書く
・IRも、経営サイドから今後の株主構成をどう作り直せばいいのか、という視野にたって株主を選ぶつもりでメッセージを発信する必要がある。
・相手の会社のBSの視点に立って考えるというように、考え方の立場を変えて検討することが、お互いの関係を見直し見据えることなのである。
・ビジネス関係論からビジネス・チャンスを創造するためには相手との関係を踏まえて、相手の立場から物を見る。という視点が重要である。
・いつも同じ方向に向かってただまっすく歩き、はじめは偶然その方角を選んだとしても、容易に変えないこと、とにかく最後にはどこかに行きつく。(デカルト 方法序説)
・会議は事前に資料を読み込み、質問からはじめる(IBMガースナー元CEO)
・セッションC:幹部層に経営に対して提言をさせる研修、ワークアウト:利害関係のないファシリテーターの元、メンバーがマネジャーに提案をする。(ジャックウェルチ)
・ヨーロッパ人のしたたかさ:あくまでも知的好奇心の一つとして、尊敬できる人物であればどんな分野の人間でも巻き込み、ネットワーキングする。
・ライフワークとなるテーマをアンテナとして立てていると、いろんなタイミングで情報は予期せぬところから飛び込んでくる。少なくとも大事な情報のありかは見えてくる。
・こころよく生きる、とは思慮深く正しく、美しく生きることである。

予測する力 養成講座〔セオリー〕vol.11 (講談社MOOK セオリー vol. 11)


予測する力 養成講座〔セオリー〕vol.11 (講談社MOOK セオリー vol. 11)
・何も感じないで開発などできない(ソニー 大塚さん)
・未来のアーティストを発掘するとき、人としての力、ポテンシャルが気になります。何に興味を持っているか、どんな関係をつくっているか。(小山登美夫)
・才能とは「欲」の強さ。欲がないとどんな才能も生かしきれない
・自分のやりたいことを、どこまで試せるか、それで獲得できるものを自由と呼ぶ。
・才能がある人は自分の居場所を知っている。周縁のエリアまでくまなく歩いて位置を把握する。絶えず
・定点観測のための場所を持つ。外部ではなく自分の中の欲求を見つめる。(山本宇一)
・運をつかんだりチャンスを生かすには決断しなければなりません。決断するということは方向転換すること。そして結果を出すこと。可能性があることは実現する。(柳井ユニクロCEO)
・中田・イチローの強さは目の強さ。深視力、動体視力。ビジネスでも、一点の強さが勝負を決めることがあるかもしれない。情報収集と思考を繰り替える(kap)
・地道な作業こそ自分でやる。外れても軸足がぶれないこと、常に消費者の目線で考える。予測しないことが起こるのを楽しむ。(上野泰也 みずほ証券チーフエコノミスト)
・自分がぶれているとき、予感は発生します。嫌なイメージがよぎる。きっと何かがぶれている。ぶれる要因がわかればただの予感で終わる。(富岡鉄平 ラガーマン)
・自己肯定力、試合に出られていない選手は弱いです。自分を客観的に見られていない。
・ヒット商品を手がけるときは人の気持ちを千人、万人単位で推し量るようにしています。社長として一番の仕事は人材のプロデュース(野口pj社長)
・岩波講座世界歴史、フランス革命以降には15年スパンのことが書いてあるといっていい。国際情勢の分析に耐えうる基本データは手に入れたも同然(佐藤優 作家)
・ひたすら自分の主観は間違っている。と言い聞かせる。毎日毎日。その上で彼らの立場たって企画は愉快なのか不愉快なのかを考える。(五味日テレ執行役員)
・全体像が見えているか、脳内シュミレーションをしたか、突拍子もない仮設を含め、いくつもそろえたか、リスクについては?他人が気付かないか。(竹内薫 作家)
・直感を生み出しやすくするには、多くの揺らぎをおこすこと。(池谷裕二 脳科学者)
・時価総額上位50社のうち、この30年で生まれたのはソフトバンクとヤフーだけ。(レオスキャピタルワークス 藤野英人)
・book:予測2030年のニッポン、投資の科学、ウィキノミクス、50年後の日本
・重要なのは正解の頻度ではなく大きさ(マイケル・J・モーブッシン)
・投資には意思決定を左右する哲学が存在する。優れた気質は常に高いIQにまさる。長期的な視点で投資を判断する。自分を知るために心理学を役立てる。
・会社の利益を護る立場では問題解決できない。お客様の声を正確に捉える(関根眞一)
・人間は圧倒的に鈍感。災害では逃げ送れて死ぬ人が多い。(広瀬弘忠東京女子大心理学)
・予測できないことを予測するには情報力⇒想像力⇒判断力(沢木耕太郎)
・正しい予測ができるかどうか。その予測が立てられたとして、それにふさわしい行動決断ができるかどうか。その上で思い通りの結果がでたり出なかったりする。
・マイナスの切る。という発想が大事。ターゲットはせいぜい3つまで。一目、一言、なるほど。(森行生 シストラットコーポレーション)
・アイディアをA4数枚にし、気になるところに下線を引いてもらう。それをクロス集計し、求めるものが浮き彫りになる。
・キーワードは「●●ができる」ではなく「●●ができない」
・大きな単一の組織にコミットするという時代ではなく、もっと小さな組織にゆるくコミットし、そのコミットを重ねていく、という形になる。(小飼弾)

日本トップ50人 2008年の視点

日経ビジネスが厳選した日本企業のトップ50人。日本の叡智が、危機管理、人材育成、顧客対応など、マネジメントにまつわる様々なテーマについて語ります。めまぐるしく時代が変化する中、かつては常識とされていたことも非常識になるほど、価値観は揺れています。ビジネスパーソンに日々問われるのは、モノの見方、視点です。時代遅れと言われないためには、2008年に焦点となる視点を身に付けておきたいものです。自ら考える手がかりが日本のトップ50人のインタビューから読み取れます。2008年を勝ち抜くための、考え方の手引書となる1冊です。

・アジェンダセッティングの重要性。具体的に解決すべき課題を明確にして、逆算をする。
そのときに「具体的にどうするか」を議論する。課題・最小にセッティングする結論は絶対に自分が納得できないとだめ。(竹中大臣)
・改革には二つの意味がある、一つは経済改革、もう一つは財政改革、この2つは意味が違う。両輪
・暴かれる前に暴く、ファクトに基づいて、「真実はこうだ」が必要。
・上質な人間は良識を備え、道徳心がある。精神的な緩みがあると、上質でなくなる。(稲盛会長)
・緊急時に必要なトップの条件。胆力がある、根が明るい「ネアカ」である、調整型のいい人ではない。(冨山経営競争基盤社長)
・経営というのは人間をどうやって自分の思うように動かすか、ですから。それを実践するならおままごとベンチャーをやるより、よっぽど地方の旅館の経営をしたほうがいい。
・かつて私が部長だった時代、半年間部員に海外で好きなことをさせる制度を作りました。できるだけ視野を広げて、あちこちのビジネスパーソンと付き合える環境を整えるために。ただし、会社に絶対寄らせない。報告はさせる。(丹羽伊藤忠会長)
・戦略構築に優れた会社よりも、従業員モチベーション工場に優れた会社のほうがパフォーマンスが高い(北城格太郎 前経済同友会代表幹事、IBM会長)
・IT企業では「俺は賢い」というやつの集団でないとエネルギーは出ません。だから忍耐。マクドナルドでは寛容。みんなを容認して、とにかく気持ちが動くようにもって行く。正論だけでは誰も動きません。(原田マクドナルドCEO)
・真の指導者は刺激的、いい人は滅びゆく。国家が崩壊したのは脅威にさらされても戦おうという情熱がなかったから。終焉を迎える時代の指導者はみんなよい人でエレガントでクリエイティブ(ゴーン)
・良い経営者になりなさい、といって安岡正篤さんが「雅望」と書いてくれた。金や権力を追う「欲望」を捨てて、雅やかな志を持ちなさい、と。(牛尾治朗 ウシオ電機会長)
・全世界の穀物産出量は20億トンくらい。ある試算ではこれで養える人口は83億人、2050年の世界総人口は90億人、たいへんな飢餓の時代になる可能性がある。(菱食、廣田相談役)
・小学校のときに一番威張っているのは腕力の強いやつ、中学・高校で威張っているのは勉強のできるやつ。しかし、社会に出てがんばれるかどうかは、後ろを振り向いたときに何人の人がついてきているかで決まる。(山之内 東日本旅客鉄道 元会長)
・世の中、先のことは絶対に7割しかわからない。3割は未知の分野であってわからないことに挑戦するところに人間の夢、ロマンを織り込める。計画と予定は違う。(高橋 住友信託銀行 会長)