予測する力 養成講座〔セオリー〕vol.11 (講談社MOOK セオリー vol. 11)


予測する力 養成講座〔セオリー〕vol.11 (講談社MOOK セオリー vol. 11)
・何も感じないで開発などできない(ソニー 大塚さん)
・未来のアーティストを発掘するとき、人としての力、ポテンシャルが気になります。何に興味を持っているか、どんな関係をつくっているか。(小山登美夫)
・才能とは「欲」の強さ。欲がないとどんな才能も生かしきれない
・自分のやりたいことを、どこまで試せるか、それで獲得できるものを自由と呼ぶ。
・才能がある人は自分の居場所を知っている。周縁のエリアまでくまなく歩いて位置を把握する。絶えず
・定点観測のための場所を持つ。外部ではなく自分の中の欲求を見つめる。(山本宇一)
・運をつかんだりチャンスを生かすには決断しなければなりません。決断するということは方向転換すること。そして結果を出すこと。可能性があることは実現する。(柳井ユニクロCEO)
・中田・イチローの強さは目の強さ。深視力、動体視力。ビジネスでも、一点の強さが勝負を決めることがあるかもしれない。情報収集と思考を繰り替える(kap)
・地道な作業こそ自分でやる。外れても軸足がぶれないこと、常に消費者の目線で考える。予測しないことが起こるのを楽しむ。(上野泰也 みずほ証券チーフエコノミスト)
・自分がぶれているとき、予感は発生します。嫌なイメージがよぎる。きっと何かがぶれている。ぶれる要因がわかればただの予感で終わる。(富岡鉄平 ラガーマン)
・自己肯定力、試合に出られていない選手は弱いです。自分を客観的に見られていない。
・ヒット商品を手がけるときは人の気持ちを千人、万人単位で推し量るようにしています。社長として一番の仕事は人材のプロデュース(野口pj社長)
・岩波講座世界歴史、フランス革命以降には15年スパンのことが書いてあるといっていい。国際情勢の分析に耐えうる基本データは手に入れたも同然(佐藤優 作家)
・ひたすら自分の主観は間違っている。と言い聞かせる。毎日毎日。その上で彼らの立場たって企画は愉快なのか不愉快なのかを考える。(五味日テレ執行役員)
・全体像が見えているか、脳内シュミレーションをしたか、突拍子もない仮設を含め、いくつもそろえたか、リスクについては?他人が気付かないか。(竹内薫 作家)
・直感を生み出しやすくするには、多くの揺らぎをおこすこと。(池谷裕二 脳科学者)
・時価総額上位50社のうち、この30年で生まれたのはソフトバンクとヤフーだけ。(レオスキャピタルワークス 藤野英人)
・book:予測2030年のニッポン、投資の科学、ウィキノミクス、50年後の日本
・重要なのは正解の頻度ではなく大きさ(マイケル・J・モーブッシン)
・投資には意思決定を左右する哲学が存在する。優れた気質は常に高いIQにまさる。長期的な視点で投資を判断する。自分を知るために心理学を役立てる。
・会社の利益を護る立場では問題解決できない。お客様の声を正確に捉える(関根眞一)
・人間は圧倒的に鈍感。災害では逃げ送れて死ぬ人が多い。(広瀬弘忠東京女子大心理学)
・予測できないことを予測するには情報力⇒想像力⇒判断力(沢木耕太郎)
・正しい予測ができるかどうか。その予測が立てられたとして、それにふさわしい行動決断ができるかどうか。その上で思い通りの結果がでたり出なかったりする。
・マイナスの切る。という発想が大事。ターゲットはせいぜい3つまで。一目、一言、なるほど。(森行生 シストラットコーポレーション)
・アイディアをA4数枚にし、気になるところに下線を引いてもらう。それをクロス集計し、求めるものが浮き彫りになる。
・キーワードは「●●ができる」ではなく「●●ができない」
・大きな単一の組織にコミットするという時代ではなく、もっと小さな組織にゆるくコミットし、そのコミットを重ねていく、という形になる。(小飼弾)

日本トップ50人 2008年の視点

日経ビジネスが厳選した日本企業のトップ50人。日本の叡智が、危機管理、人材育成、顧客対応など、マネジメントにまつわる様々なテーマについて語ります。めまぐるしく時代が変化する中、かつては常識とされていたことも非常識になるほど、価値観は揺れています。ビジネスパーソンに日々問われるのは、モノの見方、視点です。時代遅れと言われないためには、2008年に焦点となる視点を身に付けておきたいものです。自ら考える手がかりが日本のトップ50人のインタビューから読み取れます。2008年を勝ち抜くための、考え方の手引書となる1冊です。

・アジェンダセッティングの重要性。具体的に解決すべき課題を明確にして、逆算をする。
そのときに「具体的にどうするか」を議論する。課題・最小にセッティングする結論は絶対に自分が納得できないとだめ。(竹中大臣)
・改革には二つの意味がある、一つは経済改革、もう一つは財政改革、この2つは意味が違う。両輪
・暴かれる前に暴く、ファクトに基づいて、「真実はこうだ」が必要。
・上質な人間は良識を備え、道徳心がある。精神的な緩みがあると、上質でなくなる。(稲盛会長)
・緊急時に必要なトップの条件。胆力がある、根が明るい「ネアカ」である、調整型のいい人ではない。(冨山経営競争基盤社長)
・経営というのは人間をどうやって自分の思うように動かすか、ですから。それを実践するならおままごとベンチャーをやるより、よっぽど地方の旅館の経営をしたほうがいい。
・かつて私が部長だった時代、半年間部員に海外で好きなことをさせる制度を作りました。できるだけ視野を広げて、あちこちのビジネスパーソンと付き合える環境を整えるために。ただし、会社に絶対寄らせない。報告はさせる。(丹羽伊藤忠会長)
・戦略構築に優れた会社よりも、従業員モチベーション工場に優れた会社のほうがパフォーマンスが高い(北城格太郎 前経済同友会代表幹事、IBM会長)
・IT企業では「俺は賢い」というやつの集団でないとエネルギーは出ません。だから忍耐。マクドナルドでは寛容。みんなを容認して、とにかく気持ちが動くようにもって行く。正論だけでは誰も動きません。(原田マクドナルドCEO)
・真の指導者は刺激的、いい人は滅びゆく。国家が崩壊したのは脅威にさらされても戦おうという情熱がなかったから。終焉を迎える時代の指導者はみんなよい人でエレガントでクリエイティブ(ゴーン)
・良い経営者になりなさい、といって安岡正篤さんが「雅望」と書いてくれた。金や権力を追う「欲望」を捨てて、雅やかな志を持ちなさい、と。(牛尾治朗 ウシオ電機会長)
・全世界の穀物産出量は20億トンくらい。ある試算ではこれで養える人口は83億人、2050年の世界総人口は90億人、たいへんな飢餓の時代になる可能性がある。(菱食、廣田相談役)
・小学校のときに一番威張っているのは腕力の強いやつ、中学・高校で威張っているのは勉強のできるやつ。しかし、社会に出てがんばれるかどうかは、後ろを振り向いたときに何人の人がついてきているかで決まる。(山之内 東日本旅客鉄道 元会長)
・世の中、先のことは絶対に7割しかわからない。3割は未知の分野であってわからないことに挑戦するところに人間の夢、ロマンを織り込める。計画と予定は違う。(高橋 住友信託銀行 会長)