任せ方。背負いきれるか。

その人を大事な会合に連れて行くか、有田のリスクでやるなら良いよ。

改めて突きつけられると思いこの言葉、実際には常に、やっていることでもあります。ビジネス上どこで、誰と話すか、その人と話すときに誰を連れて行くかは常に”at your own lisk”なのですが、改めて突きつけられると思いですね。この言葉。ビジネス上「こいつに任せて大丈夫か」は「失敗した時に責任取れるか」の裏返し。器の大きな人間になっていきたいものです。そのためには常に(失敗した時のバッファー用に)貯金をし続けなくてはいけない。ということなのでしょう。精進します。