美味しいお茶。

最近プロジェクトは静岡が多く、久々にお茶をたくさん飲んでいます。まあ(とても)美味しい。

思い起こせば中国茶を上海で呑んで、初めて「温かいお茶いいな」と思いしばらくハマっていた記憶があります。毎回出張時に返ってくる時のお土産は常にお茶。旬なもの、その土地の銘産は自分に合うと「本当に美味しいなぁ」と行動が変わるぐらい感動するのでお薦め。お茶とそば、毎日でも食べたいセットです。で、二つの銘産を呑んでみての感想は中国茶(鉄観音とプーアルが好き)はどちらかと言うと「甘み」が美味しく、中国茶は「渋み」が美味しいなぁ、と思う次第。静岡は川根茶がお勧めです。