ビジネスの耐用年数。

確実にあるとおもう。と言う学び。

直近でまさにそんな話はYahooの買収話これは(色々言われていますが)「機械で検索なんてナンセンス」と言い切ったCEOの発言が大きかった模様。(当時のYahooの売りはディレクトリー検索)

こういう大きな例だけでなくメンテナンスをしていれば多少の違いはあれ、一箇所・一業態、かつ同じやり方で「ずーっと」続くビジネスは基本的には無い。特に「同じことをずーっとやり続ける」というのは基本的に自殺行為。和菓子とか伝統芸能系で色々ありそうなんですが、それも「殆どが潰れて、残ったx%」のみが生き残っている状態。かつ、そういう企業体であればあるほど、時代への適合を真剣にやっていたりする。

ビジネスの耐用年数は思ったほど長くなく、常に変化し続けていかないと生き残れないよな。という事をリアルな・アナログなビジネスを見ていて思った週末でした。さて、今週も頑張ってまいりましょう!!