ストーリー重視の商品開発。

美味しいものを「美味しいよ」という商品開発ではなく、それがお客様から見てどこに共感をえてもらえるか、その背景にある「ストーリー」自体が商品開発。

もちろん商品だけで差別化できるのであればそれに越したことはありません。一方でいまはどの業界、どの商品も大手から中小まで「それなり以上」に商品開発が成熟していることも多いです。そうなってくると「どう届けるか」「どういう印象を持ってもらえるか」「どういう想いでこの商品を作ったのか」というストーリーの”ほう”が強い開発になったりします。ストーリー、もしくは「お客さまに届けるところまで」を強く意識した商品開発、意識をしていきたいものです。