留学生の就職について思う3つ(+1つ)のこと。その2

前回の記事で
  

1.何をしたいのか?が明確か?
2.何ができるか?が明確か?
3.日本人特有の湾曲した表現
4.日本の構造を解っているか
    
この4つが正しく理解できている留学生は就職活動は「勝ちやすく」
そうでない留学生は相対的に「苦労している」というのが正直な観想です。

と書きましたが、それぞれもう少しだけ補足。
  
1,2に関しては、留学生自身の国(例えば僕がマレーシア人だったら、マレーシア、中国だったら中国)の状況を当てはめながら、考えてみてください。

「なぜ、現地(日本・マレーシア・中国)でわざわざ外国人を採るのか?」という問いに、どれだけシンプルに、力強く答えられるか、がポイントです。
  
例えばマレーシアで考えると、「マレー語、中国語、英語が現地のマレー人よりも数段落ちる」「文化的理解も100%ではない」外国人(例えば日本人)を、”なぜ”とるのか、という風に置き換えてもいいかもしれません。
  
留学生の皆さん、ご自分に答えはありますか??
「●●だから!」とシンプルに答えられますでしょうか。もし、自分が「なぜあなたを採らなくてはいけないの?」
と聞かれていたら・・・どうしますか?
  














    
さらに”仮に”、皆さんが母国にいて、面接官をやっていて、目の前に座っている日本人留学生相手に
「あなたを当社で雇用するメリットを教えてください」と伝えて返ってきた言葉が、
いま皆さんが考えた言葉だったとすると「お、採りたいな?」って思えますか?
  
思える!と思えた人、すばらしい。逆に「微妙・・・」と思った人、それが正しい判断かもしれません。
日本の会社が、日本人の若年層をとる”意味”は実はいくつかあります。
社内の活性化(言葉がパーフェクトにわかる、かつパワーがあって優秀な後輩が入ってくる)
伝統的に低い若年層の賃金(この話はまた後日)、そして文化の継承(日本企業は結構これを大事にします。)etc…
  
一方、外国人、留学生の想いはどうでしょうか?いくつかに関しては「え、日本企業ってそんな事考えてるの??」
という感想、持つのではないでしょうか・・・。
  
で、そこで思考を止めてしまうのはもったいないので、もう一段深く考えてみます。
  
「そうはいっても、私は留学という投資をしている、是非日本で働きたい」
と思ったとして、「ではどうするか」が大事です。
  
シンプルに考えれば、隣に居る日本人の同級生以上に企業にとって「魅力的」な人材になる以上の回答はないはずです。
しかも、できれば最近流行の「ダイバース/ダイバーシティ」”以外”のポイントで。
企業によっては直近で海外進出をしている・考えている、というポイントにうまくはまる場合もあるだろうし、
一方、そうではなく、そもそも「その人がいるから」海外展開を考える、というパターンもあると思います。
  
できれば、後者、の「あなたがいたから」海外進出を考えられる。位の人材にどうなるか、どうそう思ってもらえるか、
その突き詰め方と、考え方が大事なんだと思っています。
  
いかがでしょうか?

1.何をしたいのか?が明確か?
2.何ができるか?が明確か?

この2つを明確にする事で
「あなたが入る事で、企業が海外展開すら考えられるほど魅力的な人材だ」
と企業が思う、そこまで考えていれば、企業は黙っていても、留学生の皆様を採りにくる、そう思います。

※ちなみに、ちょっとだけ告知です。
もし、この話に興味がある方は、ask(at)asunova.comまで、名前と連絡先、所属学校などを明記の上、ご連絡ください。
先着5名の方、無料にてキャリア相談、承ります。

それでは。また次回。