戦うのは向こうの選手だ。自分とこのベンチじゃない。

タイトルはハットサせられるまとめから。実は体罰当たり前、という部活と、全くそういったことの無い部活、掛け持ちしていたので何だか感慨深い。ただ、言っていることは全面的に納得。

俺が監督になる時に戦うのは向こうの選手だ、自分とこのベンチじゃない、絶対選手に手を上げるなよつって釘を刺した(落合監督)

という一言が全てだと思うのですが、体罰、威圧、その他諸々「締める」ためにやることを「技術」で出来るようになる。小さな小さな経営者として、元々はG社もR社も「詰める」という文化が有るところではあったので(それが強さの源だとも思ってます)それを当たり前のように思っていたりしましたが、ホントその通り、戦うのは外、なのであれば今の戦力は全部「所与」さて、どう戦うか。どう育てるか、それだけなんですよね。戦うのは向こうの選手。再度肝に銘じようと思います。