丁寧に接する。

自分自身に対しての戒めでもありますが、発注者側、もしくは自分が「客」だと思った瞬間に態度が不遜にならないか、厳しく、厳しく考える必要があります。

不遜、失礼だと思った瞬間に提供者側は「仕事だから」対応する。になりますし、そこからいい仕事が生まれるとはまったくもって思えません。一方、購入者側としては「買う側だから」という気持ちになりがちです。どんな時でも、少なくとも話をしているのは外部の方なんだ、と言う事を前提に(ビジネスの交渉・キャリアのお話であっても、それ以外でも)丁寧に接さないとソンをするのは自分たちだ。という事を改めて教えてもらう気付きが多い一日でした。

、、、と書きながら、正直な所どうしてもTaxiに乗って「新人なんで」と言われてしまうのは納得いきません。「新人で道がわからないので教えて下さい」はデフォルトじゃないはずで、それをOKとするのであれば料金を値引く(プロとしては仕事ができないので)というのがWin-Winになる道なんじゃないかなぁ(実際エコタクシーなどは深夜料金が無かったりして人気なので、ぷち値引きをしてくれるなら新人教育を「喜んで」という人、多いと思うのです)自分で書いておいて、イマイチですが「新人なんですいません」を明らかに免罪符で使っている方に遭遇すると「イラッ」としてしまう自分がいます。まだまだですね。。。/p>