面白い人。なんて居ない。

エージェントをやっていると、ベンチャー企業の経営者などから「優秀な、面白い人だったら採用したい」というお話し頂くことが多いです。

タイトルはちょっと煽っていて、正確には「どの会社にも合う、面白い人」と言うのは居ない。と切に思います。「若くて、地頭良くロジカル、もしくは感性に優れ、バランスも有って既存社員を巻き込みながら新たな事業を起こしたり、既存事業のリバンプをしてくれる人」「できれば社長を任せられるような」というのが話をしていると共通項なのですが「いやいや、そんな人めったに居ませんよ」というのが大体の答えになるかと。

ただ、これだけだとエージェント失格ですので、どこの会社”にも”合う絶対的に能力の高い人は基本的に市場価格より大幅に高い(特に最近のようにベンチャーの調達市場がそれなりに潤ってる時は個人にお金が付きますし)です。というのが答えの1つ、その人を引き寄せるだけの材料があるかどうかを真剣に探す。と言うお話です。もう一つは「他の会社にはフィットしないけれど、御社ならフィットする人って居ないのか???」を真剣に探す。というのが回答でしょうか。

どこにとっても面白い、じゃなくてマニアックに「(今の)うちに取っては面白い」をしっかりギュッと絞って狙って、獲れたときが最高に面白い、と思ったりします。仕事でもなんでも一緒かと。「他の人は全然おもしろいと思えない事」を「自分だけが」面白いと思えたら、すごい価値が出る。そんな風に考えて物事を進めていきたいものです。