対面の価値

会議も、商談も、面接すらもオンラインで、という流れ(というかツール)が多くなってきています。

この流れに逆らうと、(オンラインが効果を発揮する状況下では)時間という最重要資産を浪費してしまう事になり企業活動としてはマイナス。一方、オンライン化が進めば進むほど、一番価値が出てくる(はず)のリアル体験の重要性が上がります。先日出ていたこの対談で

複製が不可能なものは世の中に2つ存在していて、何かといえば「場所」と「時間」です。

という一文が凄く印象に残っていますが、リアルで普遍的な価値のある物はいつの時代も変わらないんじゃないかな、というのが(古いかもしれませんが)所感です。

話を戻して対面の価値、オンラインのツールが増えている今だからこそ(効果的な所に絞って)しっかり会いに行って、体験を共有する。というのがビジネスの基本だよな。と思う次第。コストパフォーマンスばかりを見ていると、肝心なパフォーマンスが出ないことがある。というのが往々に有りますので、どんな時は対面がいいのか(これも盲目だとスピードが遅くなる)どんな時は電話・オンラインがいいのか、常にチューニングをしていくべきですね。