マネージメントの役割

成果を出させる事をする。そのために仕事を並べていく。と言うイメージが良さそうだな、と改めて。某メンターが言っていたWork For YOUができている、とは思いませんが、極意としてはそれだ、、、と。

これはシニア全体に言えることで。ジュニアに「がんばれ、頑張りが足りないから成果が出ていない」と言うのは簡単ですが最低(もしくは極めてエントリー時点を問う)マネージメント。如何に「成果を出させるか」にフォーカスする方が物事が早く・上手く進む気がします。一方、ジュニア側も最低限「今できる最大・最上をやる」というコミットは必要。それがないとただの足手まといです。

足手まとい前提で引き上げ、いかに早く「勝てる」様にするかは上司の腕、与えられた中で結果は気にせず「全力で」取り組むのはジュニアの義務。と言う所でしょうか。その中で何らかコツを掴むのが早い人が「瞬発力のある人」でしょうが、そうでない人”も”戦力にしていく。というのがチームだよな。と思った次第。難しいですね。