内向きの仕事を削り取る。

お客さま第一主義。と言う言葉ほど「空虚だな」と思う言葉はありませんでした。でも、いまは全く違うことを思います。

あまりに「議論からお客さまが抜け落ちてる」と感じると。「とにかくお客さまの為になることを第一に考えてください」という指示が極めて多くなります。当たり前ですが「お客さまからの評価(≒お金・利益)」がなければ企業は生き残っていけませんし、お客さまから評価をして頂くため「だけ」に基本的には企業体というのは存在しているはずです。

ただ、色んな理由からお客さま「以外」の仕事が会社の中に蔓延している。上手く行っていない(いなかった)企業とは得てしてそんなものなのかもしれません。内向きの話題、昔の話題、隣の派閥、隣の芝生、そんな内向きの仕事をどれだけ削り取れるか「そこに意味がない!」と言い切って前にすすめるか。変わることは難しいですが内向きの仕事が究極「ゼロ」になることが理想で、そこに向かって妥協なく進んでいきたいものです。