間違うことも有る。

意思決定の数が多くなると、必然的に「間違い」ます。残念ながら天才とは遠い存在なので。

ただ、間違う時に「そもそも(最終的な)打率を高くする」事が極めて重要なのと、傷をなるべく小さくすることが重要なので「間違った原因となる事実をしっかり事実(数字)として認識する」「で、どうするの。を早く、的確に決める」「間違ったらなるべく意思決定自体を早く修正」というサイクルを速く、速く回していかないと「気づいたら死んでいる」事が多くありそうです。間違うことも有る。からどうするかを事前に決めておく。どんな立場でも常に「起きていることが正しい」と言うスタンスを崩さないようにしよう。と思う次第です。