砂上の楼閣を数字的に理解する。

なんとなく80%ぐらい理解した。と言う事を5箇所つなげれば0.8^5=0.33、33%しか正しくないことになってしまう。これが砂上の楼閣、もしくは根本的にうまくいかない企業のポイント(の一つ)だよな。と改めて。

要は一つ一つが甘い。と言う話なのですが、80点という(イメージ的には)高得点でも結果それが5箇所あれば33点。という事を理解しないでふわっと過ごしてしまうことがどうしてもでてきます。仕事は100点で初めて合格。80点というのは明らかに「駄目な水準」と思っていないと全てが甘くなります。砂上の楼閣を作っているのは自分自身、合格点の基準を上げる。言葉にすると単純ですがなかなか難しい、ただやれない組織に未来はないので、100点が「普通」という組織を目指していきたいものです。