アウトプットにこだわる

仕事をしている「ふう」にしない。何を残したか、で考える。

アタリマエのことですが、なかなか出来ません。どうしても「忙しかったから仕事をした」気になってしまい、その成果物であるアウトプットに短期ではなかなか気が回りません。一方、長期で見るとそのアウトプット「のみ」しか残りません。結果として日々の忙しさは骨折り損のくたびれ儲けのこともよくあり、忙しくなくとも(概してそんなこと少ないですが)着実にアウトプットを残していくほうが結果として仕事の量と質の掛け算でいうと大きくなります。

アウトプット「のみ」に焦点を当てた働き方。徹底していきたいものです。