何がコアなのか。

某展示会の帰り道。とにかく専門業者というのは優秀で、単品だけ見れば彼らの生産性に中々勝てないよなぁ、、、と真剣に落ち込みながらの道すがら。

特に各種製造業系は、アップル、任天堂のようなファブレス、企画力と流通系を持つ会社とFOXCONの様なメガ工場を持つ所に分かれているイメージ。製造直販(ほんとうに垂直で全部持つ)というのは結果なかなか付加価値を取る所が難しい、と思った次第。

自社が「強い」「顧客に提供価値がある」ところを見極めてそこで参入障壁が出るくらい「コアを極めて」行かないとどんどん埋没するな、、、と背筋が寒くなる体験でした。内容自体はすごく面白かったんですけどね。何がコアなのか、コアの所に投資ができているか、そしてそれが顧客に対して価値を産めて・認めてもらっているのか。。。そんな事を考え続けたいと思います。出せるものは外にだすのか、メガ工場系を目指すのか。成熟市場・新興市場それぞれ違うとは思いますがなかなかおもしろいテーマです。