BetterをNGにする。

取引先との会話で最近非常に気にしていること。「何か一つのひっかかりを創ろう」

最近は取引している企業が飛躍的に増え、当然お会いする方々の種類・人数も多くなっています。ともすると営業を「受けてる」という認識になりがちなのですが、どんな企業も協力企業なしでは生きられない中、一回一回の商談、どれだけのパフォーマンスができるかなぁ、、、という事を考えることが多くなりました。

その中で(なかなか出来ないのですが)意識しているのが今回の表題。BetterをNGにする。その商談・面談を通して「しょうがないなこの会社のために一肌脱いでやろう」と思ってもらえるような時間を過ごす。できるなかでBestを尽くす(再度書きますが、結果をみれば中々できるものではありません。リソースは有限ですし)という事をやり続けています。丁寧に、丁寧に。Betterを「NG」と決めてしまえば反省点もたくさん出ますし、それがいつかの力になると信じて。