介在価値

仕事の「お前の」価値は介在価値にしかない。というのは某R社で教えられた気がします。

昨日の話とは逆に「成果」がメインの話になりますが、結果を「評価する」段になった時に「誰がやってもおなじ」仕事ではなく「自分が居たから」出来た仕事なのかどうか。少なくとも「手なり」でやったわけではなくそこに何らかの意志があったり、困難を乗り越えたり、明らかに他者との比較でアウトパフォームしている状況なのか、ということを冷静にみて自分の「介在価値」を探す。そんな作業の積み重ねが自分の強みになるし、長期で見ればキャリアも人生も切り拓いていくんだよな、ということを信じていたりします。

介在価値の高い仕事をし続けていきたいものです。