結論ありき

How(手段)を探し、どうやってその手段を達成するか。みたいな議論が再生企業ではおこりがちです。

もちろん、今までの経験が「ない」状態にどうやってもなっていく(特に初期は)時期ですので、しょうがないのですが、上記の状態は典型的に「手段が目的になっているパターン」

本来的には、この部署、この部門、もっというと全社がどうなるべきで、そこから今目の前に見えているなんらかの状態を「どう在るべきか」が先。結論有りきでそれに合わせて「何をやるか」を考えないと色々時間が足りません。

結果、現状の方々からすると「劇的に」今と違ったり、大分今までよりも「やりづらく」なっていたとしても、それは変革の痛み。結論有りきで物事を進める習慣と、習性、そしてその結論自体が間違っていると思ったら、朝令暮改を「是」として、やりきらんとな。と出来ていない自分に対しての戒めとして。