捨てることとと抜擢#1

企業再生時、どうしても難しいのは人材を筆頭に「資産」が無いこと。

当然、資産がピカピカで、なんの問題もなければ再生企業にはならない(もしくは非常に値段が高い)わけで。当たり前ながらほぼ「なにもないどころか負債が沢山有る(物理的でなくとも)」という状況からスタートになります。で、それを変える、はじめにやることは「捨てること」と「抜擢」が正しいんじゃないかと思う次第。

もちろん「出力を上げて下さい」という事を要望するのはしますが、それも昨日までの110%とか、120%が精一杯。(走っていて思いますが、150%みたいなところでは長時間は絶対に持ちません。身体がそうなら心もそうなはず。)そうなると物理的に「やりたい・やるべき事」を完遂していくためには一番は「今やっていて時間がかかっていて、やるべきでないこと」をできるだけたくさん見つけて、止めてもらうこと。それも早ければ早いだけ良い。と言う感じになります。まずは捨てて、やるべきことに集中してもらう。あとは細かく見ていく。という手順をやらないと「外から来てガーガー言われて、疲れた」になりかねない。(どれだけ注意をしていても、そうなる可能性はままある)

まずは捨てて、軽くすること。その上でミッションを設定していくこと。さらにはそのミッションと人達に寄り添うこと。そういう繰り返しだよな、、、と改めて。

※長くなったので抜擢の部分はつづく。