距離感

まれな例外を除いて、マネージメント上「距離感」をしっかりとれないと駄目だよな。と思うタイミングがいくつかあったのでメモ。

会社として結果を求めようと思うと「どうやってそれを達成するか」についてはある程度初期に決める。その途中点を達成するのは「現場」が「現場」である以上かならずやってもらわねばならず、それを「大変だよね、わかるよ・・・」とおりてしまうとどうしてもそこに「甘え」がでてしまう。ともすると「まあ、あの人なら許してくれるはず」みたいな甘えになってしまう。そうなってくると組織のタガが緩みだす。

好き、キライ以上に「組織の目標を達成する」ということが大前提である以上、仲がいい事、なんでも言い合えることが大事では有るがそれ以上に「やるべきことを粛々とやる」というのは大前提、その距離だけは詰めてはいかん。と改めて。