規律のある現場

規律という言葉が嫌いな自分が、再生企業上は「とにかく規律ありきです」と言っている場面が多い。

業績を出すのがマネジャーの仕事。という定義からすると「日々気分ではなくやるべきことをしっかりやり続けいる」というのは一つの勝ちパターンで、規律のある現場を如何に早く作れるか。が勝負の分かれ目だと思っている。もちろん、全体の人数、中間管理職の質量によっても大きく違うのだが、規律のある現場、挨拶の気持ちい現場にこだわって(消費者向けサービスは)再建をしていきたい。